>

お祝いのメッセージを送ろう

祝電やメッセージを残そう

出席できない代わりに、祝電を送っても良いですね。
すると新郎新婦の結婚を喜んでいる、本当は自分もお祝いしたかったという気持ちをアピールできます。
祝電は、結婚式の1か月前から送れます。
当日に間に合うよう、早めに送っておくと良いですね。
しかし返信する際も、お祝いのメッセージを書き添えた方が良いでしょう。

祝電を送っていても、返信に何もメッセージが書かれていないと、結婚式をどうでも良いと思っているように感じます。
新郎新婦は、嫌な気持ちや悲しい気持ちになるでしょう。
またメッセージや祝電で出席できないことを詫びるのは良いですが、理由を明確に記載しないでください。
所用で欠席するなど、あいまいな言葉で伝えましょう。

代理人を用意する場合

欠席することが伝わると、代わりに誰かを出席させてくれと言われるかもしれません。
その際は、新郎新婦を知っている知り合いに代理人を頼むのが良いでしょう。
全く知らない人を代理人にしても、新郎新婦も代理人も気まずくなります。
代理人は、言われた時だけ用意してください。
何も言われない場合は、用意しなくて良いと考えましょう。

代理人が必要だと言われたら、その時点で知り合いに連絡してください。
結婚式のギリギリになってから、代わりに出席してくれと言われても、知り合いの都合が合わない可能性があります。
事前に知り合いに声を掛けていれば、都合の良い人が代わりに出席してくれるでしょう。
その際は知り合いに、ご祝儀などを持たせてください。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る