>

ペンで書くのがおすすめ

書き慣れているペンを使おう

欠席の返信をする際は、筆ペンを使った方が良いと思う人がいるでしょう。
綺麗に書けるなら構いませんが、慣れていない人が筆ペンを使うと汚くなる可能性があります。
相手に返信が届いても、汚い字では何と書いてあるのか読めません。
失礼なので、書き慣れている黒いボールペンを使って書きましょう。

黒いペンなら、何だって大丈夫です。
カラーペンを使わないようにだけ、注意してください。
黒かと思ったら、紺色のペンだったという事態が起こらないよう、他の紙に試し書きをしてから返信を書くのがおすすめです。
メッセージを書く際は、文面を先に考えてください。
下書きをしないでいきなり書くと、内容がまとまらないメッセージになってしまいます。

どうしても返信できない場合

返信するのを忘れていて、今から返信を書いて送っても結婚式まで間に合わないという事態が起こった時だけ、電話を使って欠席することを伝えてください。
その時は電話での連絡になること、欠席することの2つに関して謝ってください。
そのように、やむを得ない事情がある時だけ電話を使うことが許されています。
ですが基本的に電話で返信することはマナー違反だと考えてください。

失礼なので、きちんと文字を書いてください。
口頭でメッセージを伝えるのと、返信にメッセージを書くのでは重みが違います。
同じ言葉でも、書いてあるメッセージの方が温かみを感じるでしょう。
返信を書くのに、時間は掛かりません、
空き時間を見つけて、丁寧に書きましょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る